【新譜入荷情報】■80-00's INDIE / ALTERNATIVE ROCK 最新入荷情報(2019/10/10)





●ローズ・ドーン / デイズ・ユー・ワー・リーヴィング 国内CD 2,310円(税込) (BAR/NONE / BRNCDJ271 / 4526180494829)

LAをベースに活動するポップ・トリオ、Rose Dornがデビュー・アルバム『Days You Were Leaving』をリリース!
■帯付き(解説・対訳は封入されておりません)Rose Dornは英ロサンジェルスをベースに活動するポップ・トリオで、偶然パーティーで出会ったJamie Coster、Joey Dalla Betta、Scarlet Knightによって結成された。バンドはここ2年間、ロサンジェルスのオール・エイジ・シーンで活動し、The Smell、The Bootleg Theather、The Echoといったライヴハウスでプレイ。BOYO、Chris Cohen、Emily Yacina、Girlpool、Justus Proffit、SnailMailといったバンドと共演し、悪化した人間関係や誤った愛情に関して歌ったビタースウィートな楽曲は大きな注目を浴びてきた。2017年にはEP『Speak Later』をリリース。バンドの特徴をとらえたリード・トラック「Dirt」が話題となった。2018年にはセカンドEP『Call Her』をリリースし、その後、Bar None Recordsと契約。2019年8月にはリード・シングル「Shaking」を含む計10曲が収録されたデビュー・アルバム『Days You Were Leaving』をリリースする。
 

         
 
 
 


●アナ・エッゲ / イズ・イット・ザ・キッス 国内CD 2,420円(税込) (STORYSOUND RECORDS / 161031J / 4526180494973)

カナダ出身のフォーク・シンガー、Ana Eggeがニュー・アルバム『Is It The Kiss』をリリース。BigThiefのギタリストBuck Meekがゲスト参加。
■帯付き(解説・対訳は封入されておりません)Ana Eggeはギタリストとして早くからBig Bill Broonzy、Mississippi John Hurt、Elizabeth Cottenのピッキング・パターンと右手でドライヴする手法を追求し、一方でDjango Reinhardtのビートから少し遅れるフレーズを吸収してきた。当アルバム『Is It The Kiss』でのカントリーの側面は、ペダル・スチール(Matt Davidson)とフィドル(Alex Hargreaves)、そして「Cocaine Cowboys」と「Ballad of the PoorChild」(彼女とIris Dementとの感動的なデュエットによるDiana Jonesのカバー)といった曲で表現されている。
しかし実際には、これはソウル・レコードのようなものだ。トラックは、Jacob SilverとRobin MacMillanというブルックリンのインディー・シーンのスターたちによるリズム・セクションよって確固たるものとなり、スロウ・グルーヴは糖蜜のようなホルン隊(Cole Kamen-GreenとAdam Dotson)によって甘くなっている。そして全ての中心にはAna Eggeのギターがあり、「どうやってSteve CropperとCurtis Mayfieldが繊細に、しかし確実に、甘いビートのファンキーな心を提供できたのか」について何か知っているようにアルバムは聞こえる。加えて、Buck Meek(BigThief)によるオルタナティブ・ギターのきらめきがあり、アレンジャー/プロデューサー/インストゥルメンタリストのAlec Spiegelman(Cuddle Magic)によって全体が一つにまとめられている
 

     

 

                  
 
 


●エイミー・スピース / ミー・アンド・ザ・ゴースト・オブ・シャルルマーニュ 国内CD 2,420円(税込) (PROPER / PRPCD154J / 4526180494966)

米ボルティモア出身のモダン・フォーク・シンガー、AMY SPEACEのニュー・アルバムが完成。ビロードのようで痛みをともなう彼女のヴォーカルを余すところなくフィーチャーされたアルバム『ME AND THE GHOST OF CHARLEMAGNE』をリリース。
■帯付き(解説・対訳は封入されておりません)米ボルティモア出身のモダン・フォーク・シンガー、Amy Speaceは、1970年代のこのジャンルの栄光の日々に目配せする音楽を作りながら、20年にわたって活動を続け、ニューヨークの喫茶店から世界のより大きなステージへと夢を追いかけてきた。その過程で、彼女はメジャー・レーベルの助けを借りず、世界規模でオーディエンスを獲得。グラストンベリー他、フェスティヴァルにも出演し、年間平均で150回ものショーを続けてきた。当『Me And The Ghost Of Charlemagne』は長年の共同制作者であるNeilson Hubbardがプロデュースを手がけ、最初の息子の出産前の最後の数週間に録音された。アルバムに収録されたわずかな装飾をもつ曲達は、生き生きとした声と細部まで豊かなソング・ライティングにより、二倍の効果を描く。結果、アルバムはAmy Speaceの最も裸で正直な部分を捉えた作品となった。
 

                                        

 
ディスクユニオン渋谷中古センターではLINEのお友だち募集中!!
友だち追加数 http://accountpage.line.me/diskunion_dp4

フレッシュなセール情報やタイムリーなキャンペーン
お買い得なクーポンなど、お得な情報をお届けいたします!!


通信販売も承っております

お気軽にお問い合わせ下さいませ

diskunion渋谷中古センター
TEL:03-3461-1809
e-mail dp4@diskunion.co.jp
 SHOP&MAP 
■ディスクユニオン渋谷中古センター■
■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3461-1809
■買取センター
渋谷中古買取センター 0120-068-193
※携帯電話からは 03-5489-8193
■住所
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7アンテナ21 2F、3F
e-mail:dp4@diskunion.co.jp


■STORE INFORMATION■
 SNS LINK 
FOLLOW ME!


 ご案内 


 

商品配送サービスの変更についてご案内













 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア