【新品】7/7 60s-70sロック新入荷情報!!

2010.07.07 - 60-70's ROCK

本日もAOR系アーチストを中心に新品CD多数入荷しております!!



■TOM PETTY & THE HEARTBREAKERS / MOJO (輸入CD 1,800円)
 *“MOJO”を聴いてまず感じるのは,MudcrutchのセッションのスピリットがHeartbreakersに継承されていることである。これはバンドが(スタジオではなく)ひとつの部屋に集い,皆で向かい合い,一斉に歌いプレイしているサウンドである。その音楽はオーバーダブやスタジオ・トリックは一切なしの,ライヴ感溢れたものである。耳に入ってくるのは,すなわち彼等がその時その場でクリエイトしたものなのである。
 *“このアルバムでは,僕の中で聴こえているこのバンドの音を,他の人達に披露したいんだ。“MOJO”はバンドが自分達でプレイしている時の雰囲気そのものだ”とTom Pettyは言う。
曲について言えば,“MOJO”にはロックンロールからカントリー,エレクトリックにアコースティック・ブルーズにと,幅広いタイプのアメリカン・ミュージックが収録されている。そしてPettyの歌詞のイメージは,メロディーにそっと寄り添いながら,聴き手の頭の中で組み立てられていく。茂った草の中でサトウキビを噛む裸足の娘,車に乗り込んだ男どもがモーテルのメイド達とパーティーすることにした瞬間に始まる警察との諍い,そしてトーマス・ジェファーソンとサリー・ヘミングスの情事を綴ったゴキゲンなエレクトリック・ブルーズ・ロック・ナンバーを,アルバムのオープニングに持ってくるという,とんでもなく大胆不敵なアイディアときたら...。恐らくPettyは,自分のことを詩人と呼ぶ相手に対して,石を投げつけるだろう。しかし彼は間違いなく,ユーモアと感性に恵まれた南部出身の作曲家である。
 *“MOJO”はガッツとエネルギーに満ちているが,と同時にスロウ・ダンサーの為の甘いバラードや,Heartbreakersがかつて手掛けたことのない,イカれたレゲエ・ナンバーまでが収録されている。今後誰にも作られることは不可能なタイプのアルバムである。絶妙のタイミングで登場した作品と言えよう。


 ブラック&ホワイト・レイヴン
■アーチー・ジェイムス・キャバナー / ブラック・アンド・ホワイト・レイヴン SHM-CD) (国内CD 2,415円)
かつて衝撃的な世界初CDリイシューにより、マニア垂涎の一枚であった存在からグルーヴィー&メロウAOR/ブルーアイドソウルの最高峰として不動の人気を獲得したアーチー・ジェイムス・キャヴァナーの1980年に録音されたファースト・アルバム。エリック・タッグやブルース・ヒバード等と並び、いまや世代を超えて愛されている本作が24bitリマスター/SHM-CDで清らかさを増して、再び蘇える!アーチー・ジェイムス・キャヴァナーは現在人口約1万5千人ほどというアラスカの先住民族トリンギットの末裔。彼が30歳を越したある頃、ずっと書き溜めていた楽曲を録音する機会に恵まれる。夢を確実に叶えるためにそれから一年をかけて探し出したミュージシャン、元レッドボーンの2人やジム・ペッパーとの出会いがアルバムを高い完成度へと導いた。軽やかに弾む
リズムに誘われる「Take It Easy」「Make Me Believe」から、幸福に包まれるラストの「Stay with Me」まで、全編が高揚感にあふれた珠玉のピース。眩しいほど内面の輝きに満ち満ちた本作には、きっと永遠のしるしが刻まれているはず。
 

 
■ドン・ブラウン / アイ・キャント・セイ・ノー (SHM-CD) (国内CD 2,415円)
”プリAOR”とも呼ばれるソフト&メロウなシンガーソングライターがフェイヴァリットなら、ドン・ブラウンのファーストソロはまさにマストアイテム。75年にはブラウンスミスというデュオ名義でアルバムをリリースしているドン・ブラウン、”柑橘系”の爽やかでフレッシュなコーラスワークの瑞々しさはその頃からの持ち味だ。今作でも初夏の香りをそのまま受け継いで、より洗練度がアップ。ところどころに挿入されたショートインストなどの遊び心も楽しい。軽やかなドラミングとエレピのイントロで始まる「Romance and Magic」の、マイケル・フランクスにも通じる洒落たコード感や流麗なサックスソロ、表題曲「ICan’t Say No」で聞かせるソウルフルな歌声とメロディラインにはうっとり。リヴィングストン・テイラーのヴァージョンとも聞き比べたい「Over theRainbow」は虹の彼方へ運ばれるよう。選曲家陣にも人気の「Tango」はファルセットを駆使したジェントルソウルヴォイスが映えるグルーヴィーメロウチューン。この曲とランバート=ポッター作「Yesterday Can’t Hurt Me」にはイーヴィー・サンズもコーラス参加で華を添える。ヴァン・モリソン『ムーンダンス』などを手がけている名匠ボブ・ケイトーのジャケットデザインも見逃せない。CDには画用紙のようなコットン素材を使用、オリジナル以上の温もりで。
 


 ■YOSO / ELEMENTS (輸入2CD 3,000円)
TOTOの初代ヴォーカルであるボビー・キンボールとYESのトニー・ケイ&ビリー・シャーウッドが結成したスーパーグループ、2010年YOSOのデビュー作がこちら。YESのサウンドにTOTOの声が乗っかるという何とも贅沢な化学変化が楽しめる1枚です。ボーナスとして追加されたディスクには何とTOTOの"ROSANNA"、"HOLD THE LINE"やYESの"OWNER OF A LONELY HEART"などのセルフカヴァーもたっぷりと追加され、双方のファンには見逃せない内容となっております。
 


■STATE COWS / STATE COWS (輸入CD  2,000円)
スティーリー・ダンの影響を受けたソング・ライティングに黄金期のLAサウンドを彷彿とさせるフォスター~クレイドン・テーム的サウンド・プロダクションでつくりあげられた、たまらなくアーベインなブリージー・サウンド!!ヨーロッパAORシーンの最終兵器STATE COWS登場!!
ZINKレーベルよりソロ・アルバム“DAYS IN LA”を昨年リリースしたDANIEL ANDERSONとスウェーデンの実力派ミュージシャンSTEFAN OLOFSSONの二人よるスウェーデン発のユニットSTATE COWS.確実にダニエルのソロをしのぐ出来栄え、AOR全盛期のアーリー80'Sのマスターピース達と肩を並べる1枚です!!
 


■LANCE HOPPEN  / START FROM WHERE YOU ARE - THE LANCE COLLECTION  (輸入CD-R  2,000円)
オーリアンズのオリジナルメンバーであるホッペン兄弟の弟ランス・ホッペン初となるソロ名義での編集盤が登場!!彼のシンガーソングライターとしての才能に焦点を当てた本作は、『DANCIN' IN THE MOONLIGHT』や『OBSCURITIES』で彼が担当したオーリアンズでの楽曲を始め、古くからの友人であるショーン・ゴールウェイに書き下ろしたものなど、これまで未発表となっていた楽曲も収録。西海岸ゆずりの極上ハーモニーとアンサンブルによる演奏もそうですが、彼の作曲センスが窺えるファン必聴の素晴らしい一枚。
 

 SNS LINK 

友だち追加数 友だち追加数 友だち追加数

◆ diskunion渋谷中古センター
〒150-0042 渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 2F/3F
TEL:03-3461-1809
e-mail : dp4@diskunion.co.jp
営業時間:
平日・土曜:11:00~21:00
日曜・祝日:11:00~20:00



◆ お知らせ
当ブログに掲載されている商品のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。 2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。


◆100 STANDARDS「新品レコードで聴くロック定番100選」width=

 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア 
▼ twitter
▼ イベント告知