【新品】60-70s ROCK今後の入荷予定情報!!

2010.08.31 - 60-70's ROCK

                  ★★ご予約受付中!!★★



※ディラン・ファンに朗報!!
ボブ・ディラン『モノ・ボックス』&『ブートレグ・シリーズ第9集』 メーカー特典決定!!

W購入特典決定!未発表CD『Concert from 1963 at Brandeis University』応募者全員にプレゼント! 

『ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ』と『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』の国内盤W購入特典として1963年にアメリカ、マサチューセッツのブランダイズ大学で行なわれた45分間の非常に貴重なコンサート音源をプレゼント!

下記対象商品に封入されているそれぞれの応募券2枚を官製はがきに貼りご応募いただくと、ご応募いただくと、もれなく全員に未発表ライヴCD『Concert from 1963 at Brandeis University』をプレゼントいたします!

応募方法など詳しくは商品封入されている応募券をご参照ください。


■■10月入荷予定■■


●BOB DYLAN / BOB DYLAN:THE ORIGINAL MONO RECORDINGS 輸入9LP 予価14,800円 (COLUMBIA)
●BOB DYLAN / BOB DYLAN:THE ORIGINAL MONO RECORDINGS 輸入9CD 予価12,800円 (COLUMBIA)
●BOB DYLAN / BOB DYLAN:THE ORIGINAL MONO RECORDINGS 国内9CD 予価¥18,900円 (COLUMBIA)※11/10発売予定

★ディランの全オリジナルMONO録音を最新のデジタル・サウンドで!

デビュー作『ボブ・ディラン』から、『ジョン・ウェズリー・ハーディング』までの60年代の初期名盤8作品のMONOマスターから最新リマスターでBOXセット化。
『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』には、ボブ・ディランの最初の8枚のアルバムが収められている。しかも当時のディラン自身が意図したアルバムの本来のサウンド、ひとつのチャンネルから飛び出すパワフルな、直接的で即効性を持っているモノラルミックスを入念に再現している。

1950年代半ばには、すでにステレオ・レコーディングの技術が開発されていたが、1960年代のトップアーティストたちは、あいかわらずモノ・レコーディング、モノ・ミキシングを好んだ。結果として、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ボブ・ディランも自分たちはモノ・ミックスに全情熱を注ぎ、ステレオ・ミックスはエンジニアに任せていた。

ボブ・ディランの貴重な写真と著名な評論家であり長年にわたるディラン愛好家でもあるグリール・マーカスのすばらしいエッセイを掲載した豪華なブックレットが添付されている。また、それぞれのアルバムは1枚ごとにオリジナル・アートワーク、1960年代に発売されていたのと同じように、ステッカーやレーベルを忠実に復刻した紙ジャケットに入れられている。

1962年3月に発売されたデビュー作『ボブ・ディラン』から、1968年1月に発売された『ジョン・ウェズリー・ハーディング』までの8枚のアルバムは、レコード史上に輝く重要な作品とだれもが認めている。『ザ・ウィットマーク・デモ』と『ボブ・ディラン・モノ・ボックス』をあわせ聞けば、1960年代のボブ・ディランの幅広い作品を知ることができるし、駆け出しのソングライターから、世界でもっとも創造性に富む傑出したレコーディング・アーティストに成長していった驚異的な年代記でもある。

<CD概要>
●全て世界初CD化音源!
●ディランの全オリジナルMONO録音を最新のデジタル・サウンドで!
●オリジナルMONO LPを再現した紙ジャケット仕様(5inchX5inch=CDサイズ)
●64P英文ブックレット (未発表写真、アルバムのデータ、卓越したロック史研究家であるグリール・マーカスによるライナーノート)






詳細を見る

■■10月入荷予定■■
●BOB DYLAN / THE BOOTLEG SERIES VOL.9-THE WITMARK DEMOS (2CD) 輸入CD 2,200円 (COLUMBIA/)
●BOB DYLAN / THE BOOTLEG SERIES VOL.9-THE WITMARK DEMOS (4LP) 輸入LP 11,800円 (COLUMBIA/)

■■10月27日発売予定■■
●BOB DYLAN / ザ・ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ (2CD) 国内CD 3,780円 (ソニー/)

 The Bootleg Series 第9弾 !!

ザ・ ブートレッグ・シリーズ第9集:ザ・ウィットマーク・デモ』には、ディランが1962年1月に最初の音楽出版社であるリーズ・ミュージック用に録音した曲 と、1962年から1964年にかけて2番目の出版社であるM・ウィットマーク&サンズ用に録音した曲、全47曲が収録されている。全曲、ディラ ンが一人でアコースティックギター、ハーモニカ、何曲かはピアノで歌っている。これらの作品を聞けば、初期の作品「マン・オン・ザ・ストリート」「ランブ リン・ギャンブリン・ウィリー」から、社会に向かって意見を主張する「風に吹かれて」「時代は変る」「戦争の親玉」、天才詩人の才能を開花させる「ミス ター・タンブリン・マン」へと、ディランがソングライターとして成長していった過程を確認することができる。これらの曲を含め『ザ・ウィットマーク・デ モ』に収録されたすべての歌は、ディランが24歳になるまでにつくり、録音したものだ。

『ザ・ウィットマーク・デモ』に収録された歌のなかには、音楽出版社のためだけに録音し、いままで一度も正式発表されたことのない15曲も含まれている。 これらには、悲しみに満ちた「バラッド・フォー・ア・フレンド」、公民権運動の時代に刺激を受けて生まれた「ロング・アゴー・ファー・アウェイ」や「ザ・ デス・オブ・エメット・ティル」、辛辣な「ゲス・アイム・ドゥーイング・ファイン」も含まれている。

収録された初期の作品の多くは、最 終的にディラン自身のアルバムで発表されることになったが、ピーター・ポール&マリーとスティーヴィー・ワンダー(「風に吹かれて」)、ジュ ディ・コリンズ(「明日は遠く」)、ザ・バーズ(「ミスター・タンブリン・マン」)など、いち早く他のアーティストたちによって歌われた作品も多数含まれ ている。これらのデモが録音されて50年近く経つが、千人を超えるアーティストたちがカヴァーし続けていることは、これらの歌が不滅の作品であることを証 明している。

〈BOB DYLAN 『The Bootleg Series Vol.9』収録予定曲〉
【Leeds Music Demos】※62年2月録音
・Hard Times In New York Town
・Poor Boy Blues
・Ballad For A Friend
・Rambling, Gambling Willie
・Man On The Street
・Talking Bear Mountain Picnic Massacre Blues
・Standing On The Highway
 

【Witmark & Sons Demos】※62年12月録音
・A Hard Rain's A-Gonna Fall
・Tomorrow Is A Long Time
・The Death Of Emmett Till
・Let Me Die In My Footsteps
・Ballad Of Hollis Brown
・Quit Your Low Down Ways
・Baby, I'm In The Mood For You

【Witmark Studio】※63年録音
・Bound To Lose, Bound To Win
・All Over You
・I'd Hate To Be You On That Dreadful Day
・Talking John Birch Paranoid Blues

【Witmark Studio】※63年3月録音
・Long Time Gone
・Masters Of War
・Farewell
・Oxford Town
・Don't Think Twice, It's All Right
・Walkin' Down The Line

【Witmark Studio】※63年4月録音
・I Shall Be Free
・Bob Dylan's Blues
・Bob Dylan's Dream
・Boots Of Spanish Leather

【Witmark Studio】※63年5月録音
・Girl From The North Country
・Seven Curses
・Hero Blues

【Witmark Studio】※63年8月録音
・Whatcha Gonna Do
・Gypsy Lou
・Ain't Gonna Grieve
・John Brown
・Only A Hobo
・When The Ship Comes In

【Witmark Studio】※63年10月録音
・The Times They Are A-Changin'
【Witmark Studio】※63年12月録音
・Paths Of Victory

【Witmark Studio】※64年1月録音
・Guess I'm Doing Fine
・Baby Let Me Follow You Down (Eric Von Schmidt)

【Unidentified Recording Studio】※64年6月録音
・Mr. Tambourine Man
・Mama, You Been On My Mind
・I'll Keep It With Mine


 

 SNS LINK 

友だち追加数 友だち追加数 友だち追加数

◆ diskunion渋谷中古センター
〒150-0042 渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 2F/3F
TEL:03-3461-1809
e-mail : dp4@diskunion.co.jp
営業時間:
平日・土曜:11:00~21:00
日曜・祝日:11:00~20:00



◆ お知らせ
当ブログに掲載されている商品のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。 2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。


◆100 STANDARDS「新品レコードで聴くロック定番100選」width=

 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア 
▼ twitter
▼ イベント告知