裸のラリーズ(LES RALLIZES DENUDES) CD13枚組BOX入荷!!

2011.12.25 - J-POP/日本のロック


◎裸のラリーズ(LES RALLIZES DENUDES)/LES RALLIZES DENUDES 13CDS/CD13枚/11,500円

日本ロック界最大の謎かつ、伝説のバンド「裸のラリーズ」の13枚組CD限定ボックス!!
※限定BOXですので、お早めにご予約下さい

1967年11月に京都で結成。メンバーは水谷孝(ギター、ヴォーカル)、中村武志(ギター)、若林盛亮(ベース)に、ほどなくしてドラムの加藤隆史が加わったという。翌68年からコンサート活動を開始。結成時のメンバーには、後によど号ハイジャック事件に加わった若林盛亮もいた。

70年の後半、水谷は東京に移り、長田幹夫(ベース) 、正田俊一郎(ドラムス)と「東京版ラリーズ」を編成。71年には久保田麻琴 がサポート的に参加し、「精進湖ロックシーン」などのイベントへの出演を行ったという。72年にはギターの中村が復帰。また、この年の6月に開店した吉祥寺のロック・ハウス"OZ"がラリーズの出演をブッキングし、同店の主催でラリーズのホール・コンサートが企画されるなど、バンドへのバックアップがなされてくる。

80年8月に元・村八分のギタリスト、山口冨士夫が加入。またスタジオでレコーディング(公表されずに終わる)も行った。その時のメンバーは水谷、山口、野間、Doroncoという編成。この4人によるラリーズは雑誌メディアなどからも注目され、当時のパンク/ニューウェーヴの、よりアンダーグラウンドなアーティストたちとのイメージ的な親近性を得る中で、ラリーズが現役最年長のアンダーグラウンド・ロック・バンドとして認められていたことが、そこでの記事からは窺い知れる。山口は81年の3月まで在籍した。

水谷がフランス滞在中の91年8月、初の公式アルバム『'67-'69 STUDIO et LIVE』『MIZUTANI -Les Rallizes Denudes』『'77 LIVE』がリリースされる。そして、92年9月には初のビデオ『Les Rallizes Denudes』をリリース。そして、93年2月には5年ぶりにコンサートを行ったが、以前に比べて散発的で、94年に2回、95年、96年に1回行ったのみとなった。そして、水谷の公式の記録としての最後の演奏は97年11月、サックスのアーサー・ドイル、ドラムの豊住芳三郎とのセッションとされている。以降、活動を停止した。
裸のラリーズに関する情報は未だに極めて少なく、そのため謎の部分が非常に多い。

今回の裸のラリーズ13枚組CD限定ボックスは、裸のラリーズの後期といえる90年代以降のライブを収録したものである。
クラブチッタ川崎や吉祥寺MANDA-LA2など、貴重な音源が詰まっている。
轟音フィードバックのサイケデリックサウンドの洪水が、あふれ出てくる日本ロックシーン最大の伝説「裸のラリーズ」の貴重な音を、ここに集約した限定BOX。

 

 SNS LINK 

友だち追加数 友だち追加数 友だち追加数

◆ diskunion渋谷中古センター
〒150-0042 渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 2F/3F
TEL:03-3461-1809
e-mail : dp4@diskunion.co.jp
営業時間:
平日・土曜:11:00~21:00
日曜・祝日:11:00~20:00



◆ お知らせ
当ブログに掲載されている商品のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。 2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。


◆100 STANDARDS「新品レコードで聴くロック定番100選」width=

◆メモラビリア取り扱い強化中!!width=

 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア 
▼ twitter
▼ イベント告知