【新譜入荷情報】■PAUL MCCARTNEY / HOPE FOR THE FUTURE(12")

2015.01.17 - 60-70's ROCK
【新譜入荷情報】


■PAUL MCCARTNEY / HOPE FOR THE FUTURE(12")

【HEAR MUSIC/US盤】
価格:1,944円(税込)


PAUL MCCARTNEYの新曲が急遽45回転盤12"で登場!

BUNGIE社制作の話題のコンピューター・ゲーム「DESTINY」(日本でも9月にソニー・コンピューター・エンタテインメントから発売)のエンド・タイトル・テーマ曲として提供した書き下ろしの新曲で、もちろんポールのヴォーカルも入っています。
これまでポップス、ロックの大ヒット曲はもちろん、映画のテーマ、オーケストラ曲、エレクトロ曲も多く作ってきたPAULは、活動が広がるにつれ彼の音楽世界を広げてきた。
ギネス・ブックでも""これまでにおいて世界で最も成功したコンポーザー/レコーディング・アーティスト""の称号を得ているPAULだが、コンピューター・ゲームに書き下ろしたのは今回が初。
2010年からこのゲームのスコアを制作し始めていたそうで、本楽曲はABBEY ROAD STUDIOSにて120人のオーケストラと共にレコーディング。
またオーケストラの指揮とプロデュースを手掛けているのはGEORGE MARTINの息子、GILES MARTINというのも話題。

PAUL曰く、『""HOPE FOR THE FUTURE""のようにカスタム・メイドではっきり何かのために曲を書く時というのは誰かのためにポートレートを書くようなもので、第一に彼らが必要としているもの、欲しているものなのが何かということを自分で想像しないといけない。
その後に初めて自分が彼らに何をしてあげたいかをよく考えてからその3つをうまく繋げていいものを完成させないといけないんだ。
だから今回のように地球をインヴェーダーやエイリアンたちから守るゲームの基本コンセプトからこの""HOPE FOR THE FUTURE""のアイデアは出てきたんだ。
しかもただのゲームの曲というものにはしたくなかったから、ゲーム以外でも聴く人にも分かるように、エイリアンのことなどを歌って「この人何言ってるの?」といわれるようなものでしゃなく、ゲームを知らなくても意味や価値のある曲を作らなければならなかったんだ。』とのこと。

1. Hope For The Future - Main
2. Hope For The Future - Thrash
3. Hope For The Future - Mirwais Mix
4. Hope For The Future - Beatsession Mix
5. Hope For The Future - Jaded Mix

 SNS LINK 

友だち追加数 友だち追加数 友だち追加数

◆ diskunion渋谷中古センター
〒150-0042 渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 2F/3F
TEL:03-3461-1809
e-mail : dp4@diskunion.co.jp
営業時間:
平日・土曜:11:00~21:00
日曜・祝日:11:00~20:00



◆ お知らせ
当ブログに掲載されている商品のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。 2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。


◆100 STANDARDS「新品レコードで聴くロック定番100選」width=

◆メモラビリア取り扱い強化中!!width=

 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア 
▼ twitter
▼ イベント告知