US自主プレス EARTH FREE/CONJERTI,MORREALE,DIBLEY入荷

2006.04.14 - Psychedelic rock
EARTHFREE.JPG

CONJERTI, MORREALE & DIBLEY
US70's自主プレスの人気アイテム。CONJERTI, MORREALE & DIBLEY / EARTH FREE
CD-Rのみで発売されていたアイテムを通常CDプレスにて取扱い開始。
LINDA PERHACS (リンダ・パーハクス)、CHUCK & MARY (チャック & メアリー) を始め最近ではVIRGIN INSANITY (ヴァージン・インサニティー) など、リリース当時は評価されなかった一部の自主盤が持つ音楽に対する無垢な姿勢と未完の美が、サイケ・ファンやS.S.Wファンだけでなく最近は若いリスナーからのリスペクトも受け始めており、アシッド・フォーク、フリー・フォークはシーンとしても盛り上がりつつあります。

1972年にN.Yで録音され、約30年後に西海岸の中古屋にてマニアにより再発見されて以来、現在は高額プレミア・アイテムとなっている、この CONJERTI, MORREALE & DIBLEY / EARTH FREE もそんな経緯を持った1枚です。アコースティック・ギターとベースにドラムという最小限の楽器と、僅かなギターとコーラスのオーバー・ダブのみというプロダクション、スタジオの空気感をストレートに捉えたサウンドも、けして物足りなさではなく、むしろリアルに3人のミュージシャンの息遣いを感じさせてくれるものとなっています。

ニール・ヤングに似たダウナーな揺らぎを持つ唄声を聴かせる SAM CONJERTI (サム・コンジェルティ)。オープニング ‘Water To Wine’ は、BUFFALO SPRINGFIELD (バッファロー・スプリングフィールド)、MOBY GRAPE (モビー・グレープ) の陰を感じさせるウェスト・コースト・サウンド、ギターの奏でる拙いたった1音が儚いアシッド感を強く印象付ける2曲目 ‘I Need To Be In Love’、USサイケの名盤 GANDALF (ガンダルフ) にも通じる深いエコーに包まれたドリーミー・サイケな ‘Remenber Our Love’ など、全編クオリティも高くプレミアも納得の内容となっており、S.S.Wファンからサイケ・ファン、フリー・フォーク・ファンまでお薦め出来る作品です。購入はこちらから激レアといわれるオリジナル盤とシングル(Water to Wine bw/I lost my love)と並べてみました。
このそっけないドローイングがマニア心をイヤでもくすぐりますね。でもCDサイズだとイマイチですかね
CD再発の方が良いですね。加えて裏ジャケには3人の初々しいポートレイトとクレジットが掲載されています。メンバー以外にDoug
Mcnamaraがlead Guitar、Gary Jonesがdrum、Tony Conjertiがbass。残念ながらこちらは参考品非売品
となりますので。

01. Water To Wine
02. I Needed To Be In Love
03. I Wonder If She Noticed Me
04. Remember Our Love
05. I've Been There For A Long Time
06. Fugue From Lower Town
07. Race Of The Sun
08. She Won't Be With Me Tomorrow
09. Little Girl
10. I Lost My Love
11. Earth Free

(こん)

TrackBack

TrackBackURL  :
 SNS LINK 

友だち追加数 友だち追加数 友だち追加数

◆ diskunion渋谷中古センター
〒150-0042 渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 2F/3F
TEL:03-3461-1809
e-mail : dp4@diskunion.co.jp
営業時間:
平日・土曜:11:00~21:00
日曜・祝日:11:00~20:00



◆ お知らせ
当ブログに掲載されている商品のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。 2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。


◆100 STANDARDS「新品レコードで聴くロック定番100選」width=

 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア 
▼ twitter
▼ イベント告知