商品配送サービスの変更についてご案内

 

【新譜入荷情報】■日本のロック / ポップス最新入荷情報(2018/2/20)

  • フィロソフィーのダンス / ダンス・ファウンダー / FUNKY BUT CHIC
■フィロソフィーのダンス/ダンス・ファウンダー / FUNKY BUT CHIC
【HMV Record Shop/JPN】
価格:1,700円(税込)


フィロソフィーのダンス、最新アルバム「THE FOUNDER」から 「ダンス・ファウンダー」アナログ7インチをシングル・リリース! フィロソフィーのダンスの2ndアルバム「THE FOUNDER」から、アルバムの冒頭を飾る屈指のキラーチューン 「ダンス・ファウンダー」が待望のアナログ7inchカット! このアナログ盤のために、新たにマスタリングを施し、最新設備を導入した事で話題となった乃木坂ソニー・スタジオにてカッティ ングされたこだわりの1枚! またB面は今回初のリリースとなるライブのSEとしてお馴染みのインストルメンタル・ナンバー「FUNKY BUT CHIC」のフル・サイズ・バージョンを収録。この楽曲は今後、CD化、配信の予定はありません!!

  • RADWIMPS / Mountain Top/Shape Of Miracle
■RADWIMPS/Mountain Top/Shape Of Miracle
【ユニバーサルミュージック/JPN】
価格:1,620円(税込)


7インチ・アナログ盤 2017年12月、中国全土50,000スクリーンにて公開、日本では2018年2月に公開になる映画『空海―KU-KAI―美しき王妃の謎』の主題歌「Mountain Top」と、映画の登場人物・楊貴妃をイメージして特別に書き下ろした「Shape Of Miracle」の2曲を収録した両A面シングル。RADWIMPSはチェン・カイコー監督と綿密なディスカッションを重ね、本作のために主題歌「Mountain Top」を書き下ろした。儚くも壮大な楽曲が、国境と言葉の壁を越え、作品世界をさらに大きく彩っており、この映画の重要な役割を担っている。


●ゴダイゴ、小林亜星、成田賢、他 / 「ハウス」オリジナルサウンドトラック 国内LP 3,888円(税込) (SUPER FUJI DISCS / GMT54)
★ディスクユニオンオリジナル特典”ポストカード”付★
※1977年当時に販促物として製作された、滅多にみることのない激レアステッカーを原寸で再現した変形ポストカードそしてさらに
★「ハウス/オリジナル・サウンドトラック・アルバム」(日本コロムビア1977年)初回プレス版の帯を原寸サイズで再現した巻オビレプリカ★※いずれも特典が無くなり次第終了となります。




●フュー / VOICE HARDCORE 国内LP 3,348円(税込) (MESH-KEY / MKY023)
Phewの2017年作「Voice Hardcore」がMESH-KEY(US)よりLP化!!

声のみを使って2017年夏に録音されたPhewの最新アルバム。ミックスとマスタリングはDowserの長嶌寛幸が担当。

Voice Hardcoreについて(Phew)
声だけで作品を作れると思ったのは、1980年、はじめてのソロシングル「終曲」の録音時です。自分の声をダビングすると、メロディ、ハーモニーやリズム、音響技術の文脈で語れない全く違う世界が立ち現れました。声で絵を描けると思ったのはこの時です。

もちろん、37年間、ずっと考え続けてきたわけではありません。録音をするたびに、ライヴをやるたびに、そのアイデアは、消去法で更新されていきました。例えば、以前、ライヴの最中に偶然喉が鳴ったことがあります。意図せずに低い倍音を安定して出す方法を自分の体が見つけてしまいました。また、経験を積んでいくうちに、複雑なメロディを聴き分けることや、バンドを始めた頃には出せなかった高い音域の声を出すこともも訓練によって、できるようになることを知りました。出来なかったことが出来るようになるのは、単純に嬉しいし、新たな技を身につけると、それをよりブラッシュアップしたくなります。ですが、自分がやっているのは、スポーツではなく、音楽です。なので、技術を追求すること、変わった声、面白い声を出そうとする試みは、敢えて、自分に禁じました。

このアイデアは長い間温め続けてきました。が、制作する直接のきっかけになったのは、今年のツアー中に体調を崩したことです。重い機材を運べない、セッティングをするのも困難な中で、自分の身体一つで音楽をつくれるだろうかと思いました。それは、同時に「音楽とは何か」という正解のない大きな問いで、作品の独自性と個人の可能性について考える機会でもありました。

私にとって、耳障りの良い音は、たとえそれが「実験音楽」であっても、その「心地よさ」は、大方、過去の記憶、これまでに耳にしたことがある音に依存しています。この音は**が××で使っていたシンセだとか、このエフェクターを使うと**の音の処理に似たものになるだとか、そうしたオタク的喜びと快感が近年、電子楽器を使って音楽を作っていく上での原動力の一つになっていました。また、新たに発売される機材の情報も夢中で追っていました。が、そういったこと全てが、体調を壊して、空虚なことに思えたのです。

このアルバムは、これまで聞いたことがない新しい響きを自分の身体だけを使って作る試みです。こうしたことを試すには、プライヴェートな環境が必要でした。録音エンジニアがいるスタジオでは出来なかったと思います。

自室で普段ライヴで使っている簡素なエフェクター、ヘッドセット・マイクで録音しました。音質は決して良いとは言えません。が、それも「響の」一つだと私は考えています

録音時の不要なノイズを取り、時にそのノイズを生かしながらの長嶌寛幸によるミックス、マスタリングもこのアルバムの完成に大きく貢献しています。

声だけでアルバムを作ることを思いついたのは37年も前ですが、実現するまでにはテクノロジーの進化と自身の経験を積むことが必要でした。実際に作業に取り掛かってみると、アイデアが一気に溢れ出し、3日間、延時間にして8時間前後で、アルバムは完成しました。



 SHOP&MAP 
■ディスクユニオン渋谷中古センター■
■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3461-1809
■買取センター
渋谷中古買取センター 0120-068-193
※携帯電話からは 03-5489-8193
■住所
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7アンテナ21 2F、3F
e-mail:dp4@diskunion.co.jp


■STORE INFORMATION■
 SNS LINK 
FOLLOW ME!


 ご案内 












 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター