商品配送サービスの変更についてご案内

 

【新譜入荷情報】■80-00's INDIE/ALTERNATIVE ROCK 最新入荷情報(2018/7/4)




●WIRE / 154 (LP) 輸入LP 2,700円(税込) (PINKFLAG / PF13LP)
ポスト・パンクの生みの親であり、従来のロックから逸脱したサウンドと硬派なスタイルが後のインディ・ロックやハードコアにも多大な影響を与えたバンド、WIREの79年発表3rdアルバム『154』がリマスター音源でリイシュー!

79年発表3rdアルバム。このアルバムをリリースする時点までに行われたライヴの回数をタイトルに冠した作品。インダストリアルのルーツとも言えるような硬質なハンマー・ビートから、まるで90年代以降のインディ・ロックのような捻くれたギター・ロックまで披露し、後世への指標を示した、今聞いても新鮮すぎる先鋭作品。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインがカヴァーした名曲‘Map Ref. 41 N 93 W’も収録。このアルバムを持ってWIREは一度解散する。
ポスト・パンクの生みの親であり、従来のロックから逸脱したサウンドと硬派なスタイルが後のインディ・ロックやハードコアにも多大な影響を与えたWIRE。すべてが完璧な名盤であり揺らぐことのない評価が確立されている初期3作品が、WIREのヴォーカリストであり中心人物のCOLIN NEWMANが運営するPINK FLAG RECORDSよりアーティスト本人の監修のもとリイシュー!







●ROLLING BLACKOUTS COASTAL FEVER / HOPE DOWNS (LP/MARBLED TRANSLUCENT BLUE VINYL/LOSER EDITION) 輸入LP 3,294円(税込) (SUBPOP / SP1220COLOR)
現在までにリリースした2枚のEPがPitchforkなど各種メディアで絶賛されたオーストラリアはメルボルンのバンド、ROLLING BLACKOUTS COASTAL FEVERがファースト・アルバム『HOPE DOWNS』をSUB POPからリリース!

■LOSER EDITION(MARBLED TRANSLUCENT BLUE VINYL)、ダウンロードコード付き

バンドのデビュー・アルバムが明るい見通しで、自信をもってリリースされるのは非常に稀なことだ。しかし、Rolling Blackouts Coastal Feverのデビュー・アルバム『Hope Downs』は、そうした状況下でリリースされる。メルボルンの5人組は、ここ数年でリリースしてきたEPによって大きなバズを作ったが、このデビュー作はそれらを超越している。バンドが初期の作品で示唆してきた約束は、アルバムに収録された10曲のギター・ポップによって完全に守られているのだ。彼らの楽曲は、オーストラリアの先達であるGo-BetweensやFlying Nunのアーティストたちからの影響を感じさせるが、Rolling Blackouts Coastal Feverをただのノスタルジストと勘違いしてはならない。『Hope Downs』は独自のサウンドを持ったバンドが鳴らす音なのだ。
このデビュー・アルバム『Hope Downs』は、Rolling Blackouts Coastal Feverの固く結ばれたハードワーキングの証でもある。2013年にバンドを結成する以前から、シンガー/ギタリストのFran KeaneyはTom RussoやJoe Whiteと様々なガレージ・バンドで高校時代から活動を共にしていた。そして、Tom Russoの兄弟であるベーシスト、Joe RussoとJoe Whiteの友達のドラマー、Marcel Tussieが加入してRolling Blackouts Coastal Feverがスタートした時、化学反応はすぐに起こったのだ。Tom Russoの別の兄弟のバンド、You Yangsとフリスビー型のスプリットEPをリリースした後、バンドは2015年にEP『Talk Tight』を発表。シドニーのレーベル、IvyLeagueよりリリースされたこのEPは翌年、他国でもリリースされ、伝説的なミュージック・ジャーナリスト、Robert Christgauや各メディアより、大きな賞賛を獲得した。そして2017年にはEP『The French Press』をリリース。その非線形のインディ・ロックは世界へと広がっていった。『Hope Downs』の曲の大半はメルボルンにあるバンドのリハーサ・ルーム(バンドの過去の作品が書かれてレコーディングされた場所でもある)で、バンドのコアとなる三人によって書かれた。アルバムのタイトル『HopeDowns』はオーストラリアの真ん中にある広大な鉱山の名前からとられ、「巨大な未知の空間の端に立ち、何か掴まるもの探している感覚」を表している。エンジニア/プロデューサーのLiam Judsonと彼の持つポータブル・セットアップの力を借りて、バンドはアルバムに収録された楽曲を2017年の冬にニューサウスウェールズ州の北で、Liamとの共同プロデュースのもと、ライヴ・レコーディング。一般的なスタジオでのレコーディングを避けることにより、アルバムのバンド・サウンドはより強固なものとなった。あなたが『Talk Tight』や『The French Press』が好きであれば、『Hope Downs』に失望することはないであろう。ただ、『Hope Downs』を聴くことによって、バンドの大きな成長に驚くに違いない。実際、「Sister's Jeans」や「The Hammer」といった曲からは、過去のEPではヒントしか与えられてなかった豊かさや重厚さが存分に伝わってくるのだ。『Hope Downs』は2018年6月、Sub Popよりリリースされる。

■バイオグラフィー
Rolling Blackouts Coastal Feverは、高校時代から様々なガレージ・バンドで活動を共にしていたFran Keaney(Vo、G)、TomRusso(G、Vo)、Joe White(G)の3人に、Tom Russoの兄弟であるJoe Russoと(B)Joe Whiteの友達のMarcel Tussie(Dr)が加わって、2013年にオーストラリアのメルボルンでスタートした。彼らが作り出す楽曲はとても柔らかく、メロディに大きな焦点があてられており、Orange JuiceやThe Go-Betweensからの影響を感じさせる。バンドはデジタルでシングルを数曲リリースした後、2015年のオフィシャルのデビュー・シングル「Clean Slate」を経て、2016年3月にオーストラリアのレーベル、Ivy LeagueよりデビューEP『TalkTight』をリリース。『Talk Tight』はPitchforkのレビューで8.0/10点を獲得し、SPIN、Stereogum、そして伝説的なミュージック・ジャーナリスト、Robert Christgauからも絶賛された。その後、2016年11月、バンドはSub Popと契約し、翌2017年3月にはセカンドEP『The French Press』をリリース。Pitchforkのレビューで8.1/10を獲得する等、こちらも高い評価を獲得した。




ディスクユニオン渋谷中古センターではLINEのお友だち募集中!!
友だち追加数 http://accountpage.line.me/diskunion_dp4

フレッシュなセール情報やタイムリーなキャンペーン
お買い得なクーポンなど、お得な情報をお届けいたします!!

通信販売も承っております
お気軽にお問い合わせ下さいませ



diskunion渋谷中古センター
TEL:03-3461-1809
e-mail dp4@diskunion.co.jp
 
 SHOP&MAP 
■ディスクユニオン渋谷中古センター■
■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3461-1809
■買取センター
渋谷中古買取センター 0120-068-193
※携帯電話からは 03-5489-8193
■住所
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7アンテナ21 2F、3F
e-mail:dp4@diskunion.co.jp


■STORE INFORMATION■
 SNS LINK 
FOLLOW ME!


 ご案内 












 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター