【新譜入荷情報】■80-00's INDIE/ALTERNATIVE ROCK 最新入荷情報(2019/7/26)

★オートチューンを手にいれたキャプテン・ビーフハートか?水牛に乗ったドレイクか? 1stアルバム『ニュー・ルークトゥン』がいよいよドロップ!



●JUU & G.JEE / ニュー・ルークトゥン 国内CD 2,484円(税込) (EM RECORDS / EM1186CD / 4560283211860)

●JUU & G.JEE / ニュー・ルークトゥン 国内LP 2,484円(税込) (EM RECORDS / EM1186LP / 4560283217862)
 
鎮座DOPENESS、スティルイチミヤ(田我流、MMM、Mr.麿、Big Ben、Young-G)参加!まだアメリカが知らないHIPHOP最新形はここにある! 88risingと真逆の方向からアジア・ローカルをレペゼンし、それ故に グローバルに通用する全くフレッシュな音楽を創作するタイの異能、Juu。 オートチューンを手にいれたキャプテン・ビーフハートか?水牛に乗ったドレイクか? 1stアルバム『ニュー・ルークトゥン』がいよいよドロップ!

Juu(ジュウ)とは何者か?魅力的なアクトがひしめくタイHIPHOPシーンでもOG としてリスペクトされる彼だが、国外からキャッチするのは困難を極める。タイ語で 歌いフィジカルはゼロ、Youtubeにしかいない彼にOMK(One Mekong)が接触し、 2017年には初来日ライブを敢行。その異形な音楽性と人物像が明らかなった。太す ぎるベースと刻まれたハイハットのグルーヴはTRAP以降のそれだが、自在なフロウ、 英・タイ・日本語・甲州弁を織り交ぜるぶっ飛んだ言語感覚、豊穣なタイ音楽クラシッ クからの引用(あとファニーな人柄)そのどれもが当世に溢れるTRAPコピーキャッ ト達と全く別次元にいることを示していた。

本作はこの異才とOMKの面々が意気投合し、stillichimiyaのYoung-Gのリードで共 同制作を始め、2年がかりで上げた初のフル・アルバムだ。大半のトラックが Young-Gの手になるもので、これがOMKのアティテュードを反映した野心にみなぎっ ている。タイ固有のビートやグルーヴを注入するため必然としてタイの楽器ケーンや ピンを取り込む手法にエキゾチシズムは介在しない。そしてメロウな曲で滲み出るの はルークトゥンとも日本の演歌とも通じるフロウ(歌心)。それらがJuuのバックグ ラウンドであるHIPHOPやレゲエを介してなんとも言えない「新しい歌謡感」を生み 出している。

 表題が示す通り、本作は死滅しかけていたタイ歌謡、ルークトゥン(*1)を最先端 HIPHOPでパッタナー(*2)したものだ。このルークトゥンという音楽は、過去の クラシックを何度も引用(サンプリング)して蘇らせ、同時に歌詞(リリック)を極 めて重視する点でHIPHOPと太い共通項を持つ。このルークトゥンとHIPHOPに通じ るマナーを完全に矛盾なく消化しきったのが本作だ。Juuが制作の過程で「これは ニュー・ルークトゥンだ」と言ったことから付いたタイトルだが、これは必然という べきネーミングだろう。本作は「最新のHIPHOP」であり「最新のルークトゥン」で もあるのだ。タイHIPHOP界最高の”マスター・ポエット”としてリスペクトされる Juuの世界は、難航を極めた(!)完全対訳で是非チェックを!

*注釈: 1)ルークトゥン:“田舎の子”、“田舎者の歌”の意を持つ音楽ジャンルで、1960 年代半ばにその名が確立し、現在はタイのナショナル・ミュージックとして継承さ れる歌謡音楽。田園風景、田舎と都市の対比、市井の生活や時事問題を扱い歌詞を 特に重視する。特定の音楽形式がないため雑食性が高い。 2)パッタナー:タイ語で変革、発展、改革の意。プロデューサー達が好んで用い る言葉。タイではパッタナーを怠った音楽はあっという間に一線からいなくなる。 3)歳上を敬う社会であるタイの音楽業界には師匠・弟子の伝統がある。HIPHOP であってもその関係は揺るぎない。

<収録曲詳細> 
収録曲の多くはジュウと彼の弟子(*3)、G. Jee(G.ジェー)によるタイ日英語を交ぜ たツイン・ヴォーカルで歌われる。70sルークトゥンをループしたWEIRDトラックで鎮 座DOPENESSとMMM(スティルイチミヤ)をフィーチャーした「深夜0時、僕は2回 火を付ける」(M1)にはじまり、スリン・パークシリがプロデュースしたカワオ・シア ントーンのガンジャ・チューン名曲「Bong Ganja」をサンプリングしてアーバン・メロー に仕立てた「ラ・エイ・ラ」(M3)、ルークトゥン王道テーマを歌う「She Ley~田舎で のんびり」(M4)、<合法化>を訴えるバラード「隣人」(M5)、パイリン・ポーンピブー ンの美しい名曲が暴力的なベースに変貌した「Yum Klom Thung~ハナと僕の道」(M6)、 スティルイチミヤが勢揃いしパス・ザ・マイクで盛り上げる「ソムタム侍」(M7)、ダオ・ バンドン「水牛に乗る人」へのオマージュの姿をしたグローバリスト批判「水牛に乗る エイリアン」(M9)、そして「OMKテーマ」(M10)で締めるという怒濤の40分。

バンコクの旧市街ウォンウェンヤイ出身、インディペンデントでDIYな活動を行うミュー ジシャン、音楽プロデューサー、スケーターで元暴走族。レゲエ・バンド、4E Rastafari のメンバーであり、伸ばし続けるトレードマークのラスタ・ヘアーそのままのチューン が多いが、実はダブルミーニングなリリックを特徴とする社会派ラッパー。

タイ語、英語、 クメール語、日本語、Juu自身が作ったno languageでラップ可能で、プムプワンやチャー イ・ムアンシンといったルークトゥン歌手のフロウをラップ化したり、タイの古典文学 や詩を引用するセンスは誰も真似できない。

Anderson .Paakと共演し、Yellow Fang(日 本でも人気のタイのインディー・バンド)やTwopee Southside(タイNo.1のスキルを 持つラッパー)といったアーティスト達からジャンルを越えてリスペクトされている。 ティーンが熱狂するYoung Bong(タイの2人組ラッパー)はジュウの弟分。フィジカル・ リリース無し、サブスク無しという彼の作品はYouTubeならぬで公開中。 最近はヤン富田に夢中でインスト音源もリリースしている。

「グッチの鞄もコンビニの袋 も一緒」「ランボルギーニより自転車がクール」等々口から出てくるのはキラー・フレー ズばかり。謙虚で非常に腰が低い好漢。 G. Jee(Gジェー)はジュウが目をかける弟子で、ステージではジュウ負けない圧倒的な パフォーマンスをみせる期待のラッパー/シンガー/ソングライター。ジュウの強烈な 世界観に日々触れている人ゆえ今後はソロ作品にも期待大。

【ディスクユニオン オリジナル先着特典】
CDのみ、2曲のYoung-G Remixを収録したCD-R付!!!







 


●スプーン / エブリシング・ヒッツ・アット・ワンス:ザ・ベスト・オブ・スプーン 国内CD 1,609円(税込) (BEAT RECORDS、MATADOR / OLE-1471CDJP / 4580211853313)

新曲も収録!USインディー・ロック・バンド、SPOONが20年以上のキャリアを濃縮したバンド史上初となるベスト・アルバムをMatadorよりリリース!

■解説:天井潤之介、歌詞対訳付

1996年のデビュー以来そのモダンかつ革新的なサウンドで20年以上に渡りUSシーンの第一線で活躍し、これまでに9枚のアルバムを発表しているテキサスが誇るバンド、スプーンがバンド史上初となるベスト・アルバムを〈Matador〉よりリリース。

初の全米トップ10入りを果たした2007年『Ga Ga Ga Ga Ga』2作連続で全米4位を記録した2010年『Transference』と2014年の『They Want My Soul』や2017年『Hot Thoughts』といった輝かしいキャリアの作品群から選曲された珠玉の楽曲に加えスタッカートなリズムと退廃的な美しさのギターが響きブリット・ダニエルの比類なきヴォーカルが常に創造性を追求するバンドの姿勢を表現した新曲「No Bullets Spent」を収録。

新しいロックンロールを生み出す事にキャリアを捧げてきたバンドの愛された曲たちの完璧なコンピレーションであると同時に驚きがたくさん詰まったベスト盤がここに誕生した。

国内流通仕様盤CDは解説・歌詞対訳付でのリリースとなる。




特典詳細情報
 【特典】『SPOON / EVERYTHING HITS AT ONCE: THE BEST OF SPOON 』 国内盤CD、輸入盤LPをお買上げのお客様に先着で、ポスターを差し上げます。




 SHOP&MAP 
■ディスクユニオン渋谷中古センター■
■営業時間
11:00~21:00(日祝11:00~20:00)
■電話番号
03-3461-1809
■買取センター
渋谷中古買取センター 0120-068-193
※携帯電話からは 03-5489-8193
■住所
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7アンテナ21 2F、3F
e-mail:dp4@diskunion.co.jp


■STORE INFORMATION■
 SNS LINK 
FOLLOW ME!


 ご案内 


 

商品配送サービスの変更についてご案内













 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア