密集・密接防止のお願い弊店の感染防止対策について     

【新譜入荷情報】■60's-70's ROCK / POPS 最新入荷情報(2020/2/14)


●DAVID BOWIE デヴィッド・ボウイ / ALABAMA SONG (40TH ANNIVERSARY PICTURE DISC 7")
輸入7" 2,420円(税込) (PARLOPHONE / 190295356286 / 0190295356286)


祝★リリース40周年! いつの時代もスタイリッシュでアーティスティックなデヴィッド・ボウイの姿がピクチャー・ディスクに!! 今回登場するのは、78年のワールド・ツアーで披露され、その後1980年にシングルのみで発表された「ALABAMA SONG」! カップリングには「Joe The Lion」の78年のツアー・ファイナル会場となったアールズ・コートでのサウンドチェック音源と、「Alabama Song」の78年ライヴという、ともに未発表音源を収録!

◆今も尚、音楽のみならず、カルチャーやアート、ファッション・シーンに大きな影響を与え続けているデヴィッド・ボウイ。彼の全キャリアを総括する驚異のボックス・セット・シリーズや、1969年というキャリア初期のボウイの姿を細かく捉えた『CONVERSATION PIECE』など、様々なアーカイヴが紐解かれている中、シリーズとしてリリースされている40周年記念7インチ・ピクチャー・ディスクの最新作がここに登場する!

◆今回リリースとなるのは、1980年2月15日にUKでシングルとしてリリースされていた「Alabama Song」。この楽曲は、ボウイが敬愛するベルトルト・ブレヒトが1925年に執筆したポエムに、クルト・ヴァイルが戯曲「小マハゴニー」用にメロディを付けたもの。以前からブレヒトに魅了されていたボウイは、この曲を1978年のIsolar IIツアーのセットリストに組み込み、披露していたのだ。Isolar IIツアー終了後となる1978年7月にロンドンのソーホーにあるトニー・ヴィスコンティのスタジオ、Good Earth Studiosにて改めてスタジオにてレコーディングし、その後1980年にシングルとしてリリースされた。

◆AA面には、未発表音源2曲が収録されている。まず一曲目は、アルバム『”HEROES"』に収録されている「Joe The Lion」の、78年のIsolar IIツアーの最終日となる7月1日のアールズ・コート公演のサウンドチェック時にレコーディングされていた、ライヴ・サウンドチェック音源。Isolar IIツアー中、リハーサルではこの楽曲をプレイしていたのだが、実際のライヴで披露されたのは、1983年のSerious Moonlightツアーだった。そして二曲目には、「Joe The Lion」のサウンドチェック音源と同日となる7月1日に収録されている、「Alabama Song」のライヴ・ヴァージョンが収録されている。ここに収録されているライヴ音源は、ライヴ・アルバム『WELCOME TO THE BLACKOUT』に収録されている音源とは別のパフォーマンスだ。

◆A面には、Dean Chamberlain撮影による写真が、そしてAA面には、Chris Walter撮影による写真が使用されている。今作もこれまで同様完全生産限定盤!! ! ボウイ・ファンなら必携のコレクターズ・アイテムであること間違いなし!!







●JONATHAN RICHMAN ジョナサン・リッチマン / ISHKODE! ISHKODE!
輸入LP 2,530円(税込) (MUNSTER / MR402 / 8435008840211)


2016年にリリースされたアルバム『ISHKODE! ISHKODE!』がMUNSTERから今回初となるヨーロッパ盤でアナログリリース!

2010年末の『O MOON, QUEEN OF NIGHT ON EARTH』以来となる5年振りのリリースとなった本作『ISHKODE! ISHKODE!』は、北米第4の人口を持つ先住民族オジブワ族の言語オジブウェー語で「火」を意味する作品。

レーベルによればシャウトのような、チャントのような作品とのことですが、JONATHAN独特のダルさと暗さが前面に迸る“WHOA HOW DIFFERENT WE ALL ARE!”、ラストでロウファイなギターの切り込むセクシーなシャッフル、マントラのように愛を歌う"LET ME DO THIS RIGHT!” など、普遍的な愛から個人的な愛にロマンスまで、一貫したテーマを持ってときに情動的にときに物悲しくとてもとてもJONATHAN RICHMANらしく歌われる全11曲。

エキゾチックなギターとグルーヴィーなパーカッションの反復の中シリアスなJONATHAN節を聴かせる"O SUN”、まるでMODERN LOVERSなオルガンハンド・クラップ入りのキラー・チューン"WAIT WAIT” は、実は昨年2015年春に先行7カットされていた2曲です。

カリフォルニアのけだるい酔いどれガール・デュオBUNNYMILKのKELLY BROWNとLISA MARIE、90年代からJONATHANを支え続けるドラマーTOMMY LARKINSほか参加。

アナログ仕様は米国のBLUE ARROWより2016年にリリースされておりますが、今回ヨーロッパ盤が初登場です!
ソングリスト







●FLIPPERS / DISCOTHEQUE (LP)
輸入LP 2,530円(税込) (MUNSTER / MR403 / 8435008840310)


南米コロンビア産の激烈ガレージ・キラー作がまさかのストレート・アルバム・アナログ・リイシュー!!

1966年、世界各地で火を噴いたガレージ・インヴェンションは南米でも多数のヤバいバンドを生み出しました。

コロンビアといえばなんといってもLOS YETISが有名ですが、双璧を成すのがこのLOS FLIPPERS。
この後のアルバムではドロッとした南米サイケを聴かせてくれるのですが、このファーストはストレイト・アヘッドなダンスパーティー向けの激フラット・ロック満載。はっきり言って超名盤です。
B面頭の"DANZA GO-GO"でぶっ飛んで欲しい。インストなのに明らかに英語とは違う言語のグルーヴをビンビンに感じる癖の強すぎる演奏!無感情にリフだけを叩きつける"MASTER FLIPPER"も狂ってます。

南米ガレージは掘りつくされたと思ってる貴方に是非聴いて頂きたい逸品です。





※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。

引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DY200120DBB29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RY191220JRB29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RY191212DQ01B29

■ディスクユニオン渋谷中古センター
■営業時間12:00~21:00(時短営業)
(日・祝)12:00~20:00 元旦のみ休業
■電話番号 03-3461-1809
■〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7アンテナ21 2F、3F 地図はこちら
e-mail:dp4@diskunion.co.jp
■渋谷中古買取センター 買取専用フリーダイヤル 0120-068-193
※携帯電話からは 03-5489-8193
 SHOP&MAP 
■ディスクユニオン渋谷中古センター■
■営業時間(時短営業)
12:00~19:00
■電話番号
03-3461-1809
■買取センター
渋谷中古買取センター 0120-068-193
※携帯電話からは 03-5489-8193
■住所
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町30-7アンテナ21 2F、3F
e-mail:dp4@diskunion.co.jp


■STORE INFORMATION■
 SNS LINK 
FOLLOW ME!


 ご案内 


 

商品配送サービスの変更についてご案内













 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
 フリーエリア